平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問53
プロジェクトの進捗を金銭価値に換算して、コスト効率と
スケジュール効率を評価する手法はどれか。

 ア アーンドバリューマネジメント
 イ クリティカルパス法
 ウ ファンクションポイント法
 エ モンテカルロ法



【正解】 ア

ア 正しい。 
EVM (Earned Value Management) は、
 プロジェクトの費用とスケジュールの観点から
 当初計画と実績を比較して進捗管理する管理手法である。
 SPI (Schedule Performance Index) はスケジュール効率指数で、
 1より値が小さいと、予定よりも作業が遅れていることを示す。
 CPI (Cost Performance Index) は、コスト効率指数で、
 1より値が小さいと、費用が嵩んでいるいることを示す。
イ 
クリティカルパス法は、全体工程の所要時間が最も長くなる
 工程を管理する手法である。
ウ 
ファンクションポイント法は、外部入力、外部出力、外部照会、
 内部論理ファイル、外部インターフェイスの5つの型を
 機能数 (ファンクション数) としてカウントし、これらの件数に、
 複雑度を勘案してソフトウェアの規模を見積もるものである。
エ 
モンテカルロ法は、乱数を応用して、求める解や法則性の
 近似を得る手法である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問52 目次 問54
ファーストマクロ TOPページ