平成26年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問54
工期を短縮させるために、クリティカルパス上の作業に
“ファストトラッキング”技法を適用した対策はどれか。

 ア 時間外勤務を実施する。
 イ 生産性を高められる開発ツールを導入する。
 ウ 全体の設計が完了する前に、仕様が固まっている
   モジュールを開発する。
 エ 要員を追加投入する。



【正解】 ウ

ア クラッシングの適用である。
 
クラッシングは、プロジェクトのスケジュールを短縮するために、
 アクティビティに割り当てる資源を増やして、アクティビティの
 所要期間を短縮する技法である。
イ クラッシングの適用である。
ウ 正しい。
ファストトラッキングは、前工程の完了を待たずに、
 次工程を開始することで、工期を短縮する技法である。
エ クラッシングの適用である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問53 目次 問55
ファーストマクロ TOPページ