平成26年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問7
図の論理回路において、S = 1、R = 1、X = 0、
Y = 1のとき、Sを一旦0にした後、再び1に戻した。
この操作を行った後のX、Yの値はどれか。

 

 ア X = 0、Y = 0   イ X = 0、Y = 1
 ウ X = 1、Y = 0   エ X = 1、Y = 1



【正解】 ウ

初期状態が (S、R、X、Y) = (1、1、0、1) で
S=0にすると
左上のAND回路により (S、Y) = (0、1) だから0が出力され、
右上のNOT回路により、X=
となる。 これにより
左下のAND回路により (R、X) = (1、
) だから1が出力され、
右下のNOT回路によりY=
となる。
Yの値が変化したため
左上のAND回路により (S、Y) = (0、
) だから0が出力され、
右上のNOT回路により、X=
のままで安定する。

つまり、 (S、R、
X、Y) = (0、1、1、0) で安定する。
ここでS=1に戻すと
左上のAND回路により (S、Y) = (1、0) だから0が出力され、
右上のNOT回路により、X=
のままで安定する。
つまり、 (S、R、
X、Y) = (1、1、1、0) で安定する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問6 目次 問8
ファーストマクロ TOPページ