平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問37
暗号アルゴリズムの危殆化を説明したものはどれか。

 ア 外国の輸出規制によって、十分な強度をもつ暗号
   アルゴリズムを実装した製品が利用できなくなること
 イ 鍵の不適切な管理によって、鍵が漏えいする危険
   性が増すこと
 ウ 計算能力の向上などによって、鍵の推定が可能
   となり、暗号の安全性が低下すること
 エ 最高性能のコンピュータを用い、膨大な時間とコ
   ストを掛けて暗号強度をより確実なものにすること



【正解】 ウ

ア 暗号製品の輸出規制が緩和される方向である。
イ 機密性の低下につながる。
ウ 正しい。
エ 安全性が高まることにつながる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問36 目次 問38
ファーストマクロ TOPページ