平成25年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問10
CPUのパイプラインハザードのうち、制御ハザードの
発生原因として、適切なものはどれか。

 ア キャッシュミス
 イ 先行する命令の結果に依存する演算命令
 ウ ハードウェア資源の競合
 エ 分岐命令



【正解】 エ

ア キャッシュミスは、処理に必要なデータがキャッシュメモリ上になく、
 読み込みができない現象のことであり、パイプラインハザードとは関係がない。
イ 
データハザードの発生原因である。
 データハザードは、データの依存関係に起因するハザードであり、ある命令の実行に
 その直前の命令の実行結果が必要な場合などに発生する現象のことである。
ウ 
構造ハザードの発生原因である。
 構造ハザードは複数の命令が同じタイミングでハードウェア資源にアクセスしようした時に
 競合が発生し、処理できなくなる現象のこと。
エ 正しい。
制御ハザードは、パイプライン方式のプロセッサにおいて、パイプラインが
 分岐先の命令を取得するときに起こるハザードのことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問9 目次 問11
ファーストマクロ TOPページ