平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問53
予算が4千万円、予定期間が1年の開発プロジェクトを
EVMで管理している。半年が経過した時点でEVが
1千万円、PVが2千万円、ACが3千万円であった。
このプロジェクトが今後も同じコスト効率で実行され
る場合、EACは何千万円になるか。

 ア 6  イ 8  ウ 9  エ 12



【正解】 エ

EVM (Earned Value Management) は、プロジェクトの費用とスケジュールの観点から
当初計画と実績を比較して進捗管理する管理手法である。

SPI (Schedule Performance Index) はスケジュール効率指数で、
1より値が小さいと、予定よりも作業が遅れていることを示す。
SPI = EV / PV で求める。

CPI (Cost Performance Index) は、コスト効率指数で、
1より値が小さいと、費用が嵩んでいることを示す。
CPI = EV / AC で求める。

ETC (Estimate To Complete) は、残作業のコスト見積もりである。
BAC (Budget At Completion) は、完了時総予算である。
EAC (Estimate At Completion) は、完了時総コスト見積りである。
EAC = AC + ETC = AC + (BAC−EV) / CPI で求める。

公式に当てはめると
EAC = 3 + (4−1) / (1 / 3) = 3+9 =
12千万円

【別解】
公式を覚えていない場合は次のように考える。
予算が4千万円で半年が経過しているため PVは2千万円である。
(これは問題にも記載されている)
しかし、出来高は1千万円であり、実際のコストは3千万円である。

実際の出来高が4千万円になるためには、
半年で1千万円の出来高であるから、このままの進捗であればあと1年半かかる。
また、実際のコストは、半年で3千万円かかっているから、1年半で9千万円かかる。

半年ですでに3千万円のコストがかかっているため、
あと残作業には9千万円のコストがかかると予想される。
従って、EACは 3千万円+9千万円 =
12千万円である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問52 目次 問54
ファーストマクロ TOPページ