平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問37
PCからサーバに対し、IPv6を利用した通信を行う場合、
ネットワーク層で暗号化を行うのに利用するものはどれか。

 ア IPsec  イ PPP  ウ SSH  エ SSL



【正解】 ア

ア 正しい。
IPSecはTCP/IP環境において、IPパケットの暗号化や認証などを行う
 プロトコルである。
イ 
PPP (Point-to-Point Protocol) は、二台の機器を
 ダイヤルアップ接続して伝送路を確立し、データの送受信を行うための
 通信プロトコルである。
 データリンク層で暗号化を行う。
ウ 
SSH (Secure SHell) は、リモートログインやリモートファイルコピーの
 セキュリティを強化したツール及びプロトコルのことである。
 アプリケーション層で暗号化を行う。
エ 
SSL (Secure Sockets Layer) はTCP/IP環境において、データの暗号化を
 行うプロトコルである。
 セション層の位置づけとする解釈が多い。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問36 目次 問38
ファーストマクロ TOPページ