平成25年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問36
図に示すIPネットワークにおいて、端末aから端末bへの
送信パケットをモニタツールで採取した。パケットのヘッダ
情報に含まれるアドレスの組合せとして、適切なものは
どれか。

 

  ┌─────┬─────┬─────┬─────┐
  │ 宛先MAC │送信元MAC │ 宛先IP │送信元IP│
  │ アドレス │ アドレス │ アドレス │ アドレス │
┌─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│ア│端末b  │端末a  │端末b  │端末a  │
├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│イ│端末b  │端末a  │ルータ2 │ルータ1 │
├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│ウ│ルータ2 │ルータ1 │端末b  │端末a  │
├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│エ│ルータ2 │ルータ1 │ルータ2 │ルータ1 │
└─┴─────┴─────┴─────┴─────┘



【正解】 ウ

端末aと端末bは異なるネットワークに存在するため、直接通信できず、
ルーターを介することになる。

IPネットワークでは、
パケットのヘッダー情報に含まれる宛先IPアドレスと送信元IPアドレスは変わらないが、
宛先MACアドレスと送信元MACアドレスは通信経路によって変化する。

従って、ルータ1からルータ2への送信パケットのヘッダ情報は、以下の通りとなる。

宛先MACアドレス:ルータ2
送信元MACアドレス:ルータ1
宛先IPアドレス:端末b
送信元IPアドレス:端末a

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問35 目次 問37
ファーストマクロ TOPページ