平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問51
図に示すとおりに作業を実施する予定であったが、作業Aで
1日の遅れが生じた。各作業の費用増加率を表の値とするとき、
当初の予定日数で終了するためにかかる増加費用を最も少なく
するには、どの作業を短縮すべきか。ここで、費用増加率とは、
作業を1日短縮するのに要する増加費用のことである。


 ┌───┬─────┐
 │作業名│費用増加率│
 ├───┼─────┤
 │ A │  4  │
 ├───┼─────┤
 │ B │  6  │
 ├───┼─────┤
 │ C │  3  │
 ├───┼─────┤
 │ D │  2  │
 ├───┼─────┤
 │ E │ 2.5 │
 ├───┼─────┤
 │ F │ 2.5 │
 ├───┼─────┤
 │ G │  5  │
 └───┴─────┘

 ア B  イ C  ウ D  エ E


【正解】 エ

クリティカルパスは A → B → E → G で20日である。
このうち費用増加率が一番低いのは
Eの2.5である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ