平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問36
所有者と公開鍵の対応付けをするのに必要なポリシや
技術の集合によって実現される基盤はどれか。

 ア IPsec
 イ PKI
 ウ ゼロ知識証明
 エ ハイブリッド暗号



【正解】 イ

ア 
IPSec (Security Architecture for Internet Protocol) はTCP/IP環境において、
 IPパケットの暗号化や認証などを行うプロトコルであり、セキュリティ対策になる。
イ 正しい。
PKI (Public Key Infrastructure = 公開鍵基盤) は、通信する人の
 身分証明を行う仕組みである。
ウ 
ゼロ知識証明 (ZKIP = Zero Knowledge Interactive Proof) は、秘密情報その
 ものを伝えることなく、秘密情報を自分が知っていることを相手に伝える証明方法で
 ある。パスワードなどがその一例である。
エ 
ハイブリッド暗号は、公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式を組み合わせることに
 よって鍵管理コストと処理性能の両立を図る暗号方式である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問35 目次 問37
ファーストマクロ TOPページ