平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問35
図で示したネットワーク構成において、アプリケーション
サーバA上のDBMSのデーモンが異常終了したという
事象とその理由を、監視サーバXで検知するのに有効な
手段はどれか。

 ┌───────┐         ┌─────────┐
 │  監視用  │┌───────┐│ アプリケーション │
 │  サーバX  ││  ルータ  ││   サーバA   │
 └───┬───┘└┬─────┬┘└────┬────┘
 ■───■─────■─■ ■─■──────■────■

 ア アプリケーションサーバAから監視用サーバXへの
   ICMP宛先到達不能 (Destination Unreachable)
   メッセージ
 イ アプリケーションサーバAから監視用サーバXへのSNMP
   トラップ
 ウ 監視用サーバXからアプリケーションサーバAへのfinger
 エ 監視用サーバXからアプリケーションサーバAへのping



【正解】 イ

ア 
ICMP (Internet Control Message Protocol) は、IP通信の制御や通信状態の
 診断、エラー通知などを行なうためのネットワーク層のプロトコルである。
 監視用サーバがアプリケーションサーバAからパケット到達不能を検知しても
 サーバA上のDBMSのデーモンが異常終了したという事象や理由は検知できない。
イ 正しい。
SNMP (Simple Network Management Protocol) は、TCP/IP環境で、
 構成機器や障害時の情報収集を行うために使用されるネットワーク管理プロトコルである。
ウ 
finger は、アプリケーションサーバAのユーザ情報を取得する。
エ 
ping は、アプリケーションサーバAにネットワークを通じてパケットが届くかを確認する。
 アプリケーションサーバAネットワークに接続されているか、などが分かる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問34 目次 問36
ファーストマクロ TOPページ