平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問23
ECCメモリの使用例として適切なものはどれか。

 ア RAID3において、誤り検出に使われる。
 イ 携帯電話の通信において、情報転送量を最大化
   するために使われる。
 ウ 障害発生時の影響が大きいサーバにおいて、
   誤り訂正に使われる。
 エ 地上デジタル放送の通信において、誤り訂正に
   使われる。



【正解】 ウ

ア RAID3は、ビット単位でのエラー訂正用のパリティコードを
 専用ディスク (パリティディスク) に書き込む方式である。
イ 第三世代の携帯電話では、
ターボ符号が使われている。
 ターボ符号は誤り訂正符号の一つである。
ウ 正しい。
ECC (Error Check and Correct) メモリは、データ情報の誤りを自動的に
 訂正するための機能を持ったメモリである。
 Error Checking and Correctionや、Error-Correcting Code の略とする場合もある。
エ 地上デジタル放送の通信では、リードソロモン符号と畳み込み符号の二重の誤り
 訂正を行っている。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問22 目次 問24
ファーストマクロ TOPページ