平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問22
プロセスを、実行状態、実行可能状態、待ち状態、
休止状態の四つの状態で管理するプリエンプティブな
マルチタスクのOS上で、A、B、Cの三つのプロセスが
動作している。各プロセスの現在の状態は、Aが待ち
状態、Bが実行状態、Cが実行可能状態である。
プロセスAの待ちを解消する事象が発生すると、それ
ぞれのプロセスの状態はどのようになるか。ここで、プロ
セスAの優先度が最も高く、Cが最も低いものとし、
CPUは1個とする。

   ┌──────┬──────┬──────┐
   │   A   │   B   │   C   │
 ┌─┼──────┼──────┼──────┤
 │ア│実行可能状態│実行状態  │待ち状態  │
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │イ│実行可能状態│待ち状態  │実行可能状態│
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │ウ│実行状態  │実行可能状態│休止状態  │
 ├─┼──────┼──────┼──────┤
 │エ│実行状態  │実行可能状態│実行可能状態│
 └─┴──────┴──────┴──────┘



【正解】 エ

優先度の高いプロセスにによって、実行状態のプロセスがCPU使用権をを失うと
実行可能状態になる。
また入出力要求があると、実行状態のプロセスは待ち状態になる。
休し状態は、タスクが起動していない状態である。

従って、優先度が最も高いプロセスAが待ち状態から実行状態となり、
他のプロセスは、実行可能状態となる。

なお
プリエンプティブなマルチタスクは、OSがアプリケーションのCPU割り当て時間を
管理する方式である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問21 目次 問23
ファーストマクロ TOPページ