平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問18
スループットの説明として、適切なものはどれか。

 ア ジョブがシステムに投入されてからその結果が完全に
   得られるまでの経過時間のことであり、入出力の
   速度やオーバヘッド時間などに影響されない。
 イ ジョブの稼働率のことであり、“ジョブの稼働時間÷
   運用時間”で求められる。
 ウ ジョブの実行可能数のことであり、使用されるシステ
   ムの資源によって上限が決まる。
 エ 単位時間当たりのジョブの処理件数のことであり、
   スプーリングはスループットの向上に役立つ。



【正解】 エ

ア ターンアラウンドタイムの説明である。
イ 単にジョブ稼働率の説明である。
ウ 単にジョブの実行可能数の説明である。
エ 正しい。
スループットは、システムが単位時間あたりに処理できる仕事量のことである。
 また、
スプーリングは、主記憶装置と低速の入出力装置との間のデータ転送を、補助
 記憶装置を介して行うことによって、システム全体の処理能力を高めることである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ