平成24年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問15
ストアドプロシージャの特徴を生かして通信回数を
減らしたシステムをクライアントサーバシステムで
実現するとき、クライアントとサーバの機能分担
構成はどれか。ここで、データベースアクセス層は
DB層、ファンクション層はFN層、プレゼンテー
ション層はPR層とそれぞれ略す。

   ┌───────────┬───────────┐
   │   クライアント   │    サーバ    │
 ┌─┼───────────┼───────────┤
 │ア│DB層とFN層とPR層│DB層        │
 ├─┼───────────┼───────────┤
 │イ│FN層とPR層    │DB層とFN層    │
 ├─┼───────────┼───────────┤
 │ウ│FN層とPR層    │DB層とPR層    │
 ├─┼───────────┼───────────┤
 │エ│PR層        │DB層とFN層とPR層│
 └─┴───────────┴───────────┘



【正解】 イ

ストアドプロシージャは、データベースへの更新や検索などの一連の処理手順を
ひとつにまとめて、データベースサーバ側に保存したものである。
また、クライアントサーバシステムの
3層アーキテクチャは、以下の3つの層から
構成される。
プレゼンテーション層:ユーザーインターフェース(入出力)の層
ファンクション層:入力データや検索結果を加工する層
データ層:データの更新や照会を行う層

DB層は、サーバ機能、PR層は、クライアント機能であるが、
FN層は、サーバとクライアントの両方の間で機能する層である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ