平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問26
六つのタプルから成る関係Rの単一の属性間に
おいて成立する全ての関数従属性を挙げたものは
どれか。ここで、X→Yは、XがYを関数的に決定
することを表す。

 R
 ┌───┬────┬───┐
 │ A │  B  │ C │
 ┝━━━┿━━━━┿━━━┥
 │300│阿部商店│ 3 │
 ├───┼────┼───┤
 │300│阿部商店│ 3 │
 ├───┼────┼───┤
 │400│鈴木商店│ 2 │
 ├───┼────┼───┤
 │400│鈴木商店│ 2 │
 ├───┼────┼───┤
 │500│鈴木商店│ 1 │
 ├───┼────┼───┤
 │500│鈴木商店│ 1 │
 └───┴────┴───┘

 ア A→B
 イ A→C、C→A
 ウ A→B、A→C、C→A、C→B
 エ A→B、A→C、B→C、C→A、C→B



【正解】 ウ

関数従属は、ある属性の値が決まると、他の属性の値も一意に決まる関係のことである。

A→B 関数従属である。
B→A 鈴木商店が決まっても、400か500となり、一意に決まらない。
A→C 関数従属である。
C→A 関数従属である。
B→C 鈴木商店が決まっても、2か1となり、一意に決まらない。
C→B 関数従属である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問25 目次 問27
ファーストマクロ TOPページ