平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問23
視覚障碍者に対してWebコンテンツの情報アク
セシビリティを向上させるための配慮のうち、
適切な例はどれか。

 ア 写真やイラストを多く取り入れたので、
   それらに対する代替テキストを付けなかった。
 イ 多数の項目を列挙する際に、リスト形式の
   代わりに、表形式を使用した。
 ウ 文書のレイアウトが複雑であり、正しい
   読上げ順になるようにHTMLで記述する
   のが難しかったので、タグ付きPDFを
   使用した。
 エ 見出しの表現には、見出し要素 (例 H1〜
   H6) を用いず、フォントの相対サイズ (例 
   font-size:200%) を用いて大きい文字にした。



【正解】 ウ

アクセシビリティ (accessibility) は、製品又はシステムが、明示された
利用状況において、明示された目標を達成するために、幅広い範囲の心身
特性及び能力の人々によって使用できる度合いのことである。

ア 情報アクセシビリティを向上させるためには、代替テキストを付けるべきである。
イ 情報アクセシビリティの向上にはならない。
ウ 正しい。
タグ付きPDFは、文書を構造化して正しい順序で表現できるようにした
 PDF文書である。
エ 情報アクセシビリティを向上させるためには、見出し要素を用いる方がよい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問22 目次 問24
ファーストマクロ TOPページ