平成24年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問4
式E=(A+B)×(C−D)と対応する逆ポーランド
表記法はどれか。

 ア =E×+AB−CD
 イ EAB+CD−×=
 ウ EAB−CD+×=
 エ EABC×+D−=



【正解】 イ

逆ポーランド記法では X+Y は
XY+で表す。
ちなみに、ポーランド記法では X+Y は
+XYで表す。

E=(A+B)×(C−D) で まず、A+Bを
、 C−Dをとおくと、
E=×
となり、これを逆ポーランド記法で表すと
×= となる。

は逆ポーランド記法では 
AB+
は逆ポーランド記法では 
CD−
と表されるから、

これらを
×=に当てはめると
AB+CD−×=
となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問3 目次 問5
ファーストマクロ TOPページ