平成24年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問16
ソフトウェアの要件定義や分析・設計で用いられる
技法に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 決定表は、条件と処理を対比させた表形式で
   論理を表現したものであり、複雑な条件判定を
   伴う要件定義の記述手段として有効である。
 イ 構造化チャートは、システムの“状態”の種別と
   その状態が選移するための“要因”との関係を
   分かりやすく表現する手段として有効である。
 ウ 状態遷移図は、DFDに“コントロール変換と
   コントロールフロー”を付加したものであり、制御
   系システムに特有な処理を表現する手段として
   有効である。
 エ 制御フロー図は、データの“源泉、吸収、流れ、
   処理、格納“を基本要素としており、システム内の
   データの流れを表現する手段として有効である。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 
状態遷移図に関する記述である。
 なお、構造化チャートは、順次、選択、繰返しの構造のみで、処理の流れを表現する手法の
 ことである。
ウ 
制御フローに関する記述である。
エ 
DFD (Data Flow Fiagram) に関する記述である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問15 目次 問17
ファーストマクロ TOPページ