平成24年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問17
プログラムの著作権侵害に該当するものはどれか。

 ア A社が開発したソフトウェアの公開済プロトコルに
   基づいて、A社が販売しているソフトウェアと同等の
   機能をもつソフトウェアを独自に開発して販売した。
 イ ソフトウェアハウスと使用許諾契約を締結し、契約
   上は複製権の許諾は受けていないが、使用許諾
   を受けたソフトウェアにはプロテクトがかけられていた
   ので、そのプロテクトを外し、バックアップのために
   複製した。
 ウ 他人のソフトウェアを正当な手段で入手し、逆
   コンパイルを行った。
 エ 複製及び改変する権利が付与されたソース契約の
   締結によって、許諾されたソフトウェアを改造して
   製品に組み込み、ソース契約の範囲内で製品を
   販売した。



【正解】 イ

ア 公開済プロトコルに基づいて、同等の機能をもつソフトウェアを独自に開発して販売
 しても著作権侵害に該当に侵害しない。
イ 正しい。 
ウ 逆コンパイル自体は著作権侵害に該当しない。 
 ただし、逆コンパイルによって得られたものを使用すると、著作権侵害に該当する場合がある。
エ 複製及び改変する権利が付与されていれば、著作権侵害に該当しない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ