平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問76
資料は今年度の損益実績である。翌年度の計画では、
営業利益を30百万円にしたい。翌年度の売上高は
何百万円を計画すべきか。ここで、翌年度の固定費、
変動費率は今年度と変わらないものとする。

〔資料〕     単位 百万円
 ┌──────────────┐
 │  <今年度の損益実績>  │
 ├──────────────┤
 │ 売上高      500 │
 ├──────────────┤
 │ 材料費(変動費) 200 │
 ├──────────────┤
 │ 外注費(変動費) 100 │
 ├──────────────┤
 │ 製造固定費    100 │
 ├──────────────┤
 │ 粗利益      100 │
 ├──────────────┤
 │ 販売固定費     80 │
 ├──────────────┤
 │ 営業利益      20 │
 └──────────────┘

 ア 510  イ 525  ウ 550  エ 575



【正解】 イ

変動率費は 変動費/売上高で求める。
今年度の変動費率は (200+100)/500 = 0.6である。
翌年度の変動費率は変わらないため、翌年度の売上高を x 百万円とおくと
営業利益 = 売上高 − (変動費率×売上高+固定費) であるから、
次の方程式が成り立つ。

30 = x − (0.6×x + 100+80)
30 = x − 0.6x − 180
0.4x = 210
4x = 2100
x = 525

従って、翌年度の売上高は、
525百万円である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問75 目次 問77
ファーストマクロ TOPページ