平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問11
主記憶の1000番地から、表のように4バイトの整数
データが格納されている。これを32ビットのレジスタに
ロードするとき、プロセッサのエンディアンとレジスタに
ロードされる数値との組合せとして、正しいものはどれか。

    ┌───────┬───┐
    │バイトアドレス│データ│
    ├───────┼───┤
    │  1000  │ 00 │
    ├───────┼───┤
    │  1001  │ 01 │
    ├───────┼───┤
    │  1002  │ 02 │
    ├───────┼───┤
    │  1003  │ 03 │
    └───────┴───┘

   ┌─────────┬─────────┐
   │リトルエンディアン│ビッグエンディアン│
 ┌─┼─────────┼─────────┤
 │ア│ 00010203 │ 02030001 │
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │イ│ 00010203 │ 03020100 │
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │ウ│ 02030001 │ 00010203 │
 ├─┼─────────┼─────────┤
 │エ│ 03020100 │ 00010203 │
 └─┴─────────┴─────────┘



【正解】 エ

例えば0xA1B2C3D4という4バイトのデータをメモリに格納する時
リトルエンディアンでは、D4 C3 B2 A1 の順に配置され、
ビッグエンディアンでは、A1 B2 C3 D4 の順に配置される。

データを00、01、02、03の順でレジスタにロードすると
リトルエンディアンでは、03、02、01、00
ビッグエンディアンでは、00、01、02、03となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問10 目次 問12
ファーストマクロ TOPページ