平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問12
主記憶アクセスの高速化技術であるライトバック方式における、
キャッシュメモリ及び主記憶への書込みの説明として、適切な
ものはどれか。

 ア キャッシュメモリ及び主記憶の両方に同時に書き込む。
 イ キャッシュメモリにだけ書き込み、対応する主記憶の変更は、
   キャッシュメモリからデータが追い出されるときに行う。
 ウ キャッシュメモリへの書込みと同時にバッファに書き込んだ後、
   バッファから主記憶へ順次書き込む。
 エ 主記憶を、独立して動作する複数のブロックに分けて、
   各ブロックに並列に書き込む。



【正解】 イ

ア 
ライトスルー方式の説明である。ライトスルー方式は、キャッシュと主記憶の
 一貫性 (コヒーレンシ) を保ちながら、書込みを行う方式のことである。
イ 正しい。
ウ ライトバック方式は、CPUが書込み動作をするとき、キャッシュメモリだけに
 データを書き込む方式のことである。
エ 
メモリインタリーブの説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問11 目次 問13
ファーストマクロ TOPページ