平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問1
整数Aを整数Bで割った余り rem(A, B) が次のとおり
定義されているとき、適切な式はどれか。

〔rem(A,B) の定義〕
 rem(A,B) は、除数Bと同じ符号をもつ整数又は0であり、
その絶対値は、Bの絶対値より小さい。ある整数Nを選ぶこと
によって
 A = B×N + rem(A,B)
が成立する。

 ア rem(11,5) = 2
 イ rem(11,−5) = −1
 ウ rem(12,−5) = −3
 エ rem(−11,5) = 1



【正解】 ウ

単に方程式を解く問題である。

ア 11 = 5×N +rem(11,5)
 11 = 5×N + 2
 9 = 5×N
 N =
9/5

イ 11 = −5×N +rem(11,−5)
 11 = −5×N + −1
 5×N = −12
 N =
−12/5

ウ 12 = −5×N +rem(12,−5)
 12 = −5×N + −3
 5×N = −15
 N =
−3
 Nが整数となるため、適切な式である。

エ −11 = 5×N +rem(−11,5)
 −11 = 5×N + 1
 −12 = 5×N
 N =
−12/5

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



目次 問2
ファーストマクロ TOPページ