平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問48
共通フレーム2007の妥当性確認プロセスで実施する、
負荷テストはどれか。

 ア 既存のシステムを新規システムに置き換えるときに、
   以前と同様に正しくデータの処理ができるかどうかを
   テストする。
 イ 想定している単位時間当たりの最大件数のデータを
   入力したときに、意図したとおりに処理できるか
   どうかをテストする。
 ウ ソフトウェアが、複数の異なるシステム構成の上で
   正常に動作するかどうかをテストする。
 エ 利用者がシステムをスムーズに操作できるかどうかを
   テストする。



【正解】 イ

ア 移植性に関するテストである。
イ 正しい。
ウ 互換性に関するテストである。
エ 使用性に関するテストである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問47 目次 問49
ファーストマクロ TOPページ