平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問49
知的財産権戦略として、特許化されていない技術を特許
出願せずにノウハウとして秘匿することが適切な例はどれか。

 ア 社内の秘密保持体制が構築できない場合
 イ セキュリティ分野のソフトウェアで、アルゴリズムを公開
   したくない場合
 ウ 他社に積極的に技術使用許諾して、ライセンス収入
   を得たい場合
 エ リバースエンジニアリングによって技術が容易に明らかに
   なる場合



【正解】 イ

ア 社内の秘密保持体制が構築できないと、ノウハウを秘匿しても
 どこかで漏れる可能性が高い。
イ 正しい。特許出願すると、アルゴリズムは公開されるので
 特許出願せずにノウハウとして秘匿することが適切である。
ウ 特許出願することが適切である。
エ ノウハウとして秘匿しても、リバースエンジニアリングによって技術が容易に
 明らかになるのであれば、あまり秘匿の意味をなさず、特許出願することが適切である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問48 目次 問50
ファーストマクロ TOPページ