平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
表は、あるソフトウェアにおける品質特性の測定方法と
受入れ可能な基準値を示している。 a〜cに入る品質
特性の組合せはどれか。

 ┌────┬───────────────┬─────────┐
 │品質特性│      測定方法      │受入れ可能な基準値│
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │ 機能性 │必須な要求仕様のうち、ソフト │100%     │
 │     │ウェアで実現できた仕様の割合 │         │
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │  a  │特定の機能の使い方を学ぶのに │10分未満    │
 │     │必要となる時間        │         │
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │  b  │識別された類似の変更に対して変│1モジュール   │
 │     │更が必要となるモジュール数  │         │
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │  c  │システムに処理を要求してから、│5秒未満     │
 │     │応答が返ってくるまでの時間  │         │
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │ 信頼性 │特定の運用期間中の停止時間  │年間8時間以内  │
 ├────┼───────────────┼─────────┤
 │ 移植性 │他のOS上で動作させるために再│6モジュール以内 │
 │     │コンパイルが必要なモジュール数│         │
 └────┴───────────────┴─────────┘

   ┌───┬───┬───┐
   │ a │ b │ c │
 ┌─┼───┼───┼───┤
 │ア│効率性│使用性│保守性│
 ├─┼───┼───┼───┤
 │イ│効率性│保守性│使用性│
 ├─┼───┼───┼───┤
 │ウ│使用性│効率性│保守性│
 ├─┼───┼───┼───┤
 │エ│使用性│保守性│効率性│
 └─┴───┴───┴───┘



【正解】 エ

機能性は、機能に対するユーザ要求の満足度であり、要求の達成度、
障害件数、インタフェース数、チェック項目クリア率、予防措置項目数などを指標とする。
使用性は、使い勝手の良さであり、理解容易と判断できる機能の割合、
教育時間、運用エラー率などを指標とする。 (a)
保守性は、変更のしやすさであり、規模あたりのテスト時間、平均エラー解析
時間、平均エラー修正時間、修正時の障害率などを指標とする。 (b)
効率性は、ソフトウェアの性能やリソース (CPU、メモリなど) に対する指標であり、時間
効率性 (レスポンスがよいか) 、資源効率性 (CPUやメモリ使用量) などを指標とする。 (c)
信頼性は、一定条件下における性能維持能力であり、平均故障間隔と平均修理時間、
障害件数当たりのシステム停止率、復旧時間などを指標とする。
移植性は、異なる環境への移しやすさであり、移植手順数などを指標とする。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ