平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問11
プロセッサにデータを読み込むときにキャッシュメモリにヒットし
なかった場合、キャッシュメモリ制御装置が行う動作はどれか。

 ア キャッシュメモリから所要のデータをブロック転送し、
   磁気ディスクに書き込む。
 イ 磁気ディスクから所要のデータをブロック転送し、キャッ
   シュメモリに読み込む。
 ウ 主記憶から所要のデータをブロック転送し、キャッシュ
   メモリに読み込む。
 エ ディスクキャッシュから所要のデータをブロック転送し、
   主記憶に読み込む。



【正解】 ウ

キャッシュメモリは、CPUと主記憶装置 (メインメモリ) の間に配置し、
主記憶にあるデータを事前にキャッシュメモリに移しておくことで、
高速データ転送を可能にするメモリである。

プロセッサにデータを読み込むときにキャッシュメモリにヒットしなかった場合は、
主記憶から所要のデータをブロック転送し、キャッシュメモリに読み込む。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問10 目次 問12
ファーストマクロ TOPページ