平成23年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問1
式A+B×Cの逆ポーランド表記法による表現として、
適切なものはどれか。

 ア +×CBA  イ ×+ABC
 ウ ABC×+  エ CBA+×



【正解】 ウ

逆ポーランド記法は、演算対象となる2つの変数の後ろに演算子を置く方法である。

式A+B×C では
一番初めに計算するのは
B×Cであり、これはBC×と表現する。
A+(
BC×)

次に A+(BC×) を計算する。
BC×

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



目次 問2
ファーストマクロ TOPページ