平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問58
リスクアセスメントに基づく監査対象の選定として、適切なものはどれか。

 ア 運用開始時期の順に、すべてのシステムを対象とする。
 イ 監査実施体制を踏まえて、実施可能なシステムを対象とする。
 ウ 無作為に抽出したシステムを対象とする。
 エ 問題発生の可能性とその影響の大きなシステムを対象とする。



【正解】 エ

ア 運用開始時期の順に行う監査はない。
 また、監査は全システムを対象とする必要はない。
イ 監査の実施が不可能なシステムはあってはならない。
ウ 監査におけるサンプリング抽出では、無作為に抽出した帳票を対象とする。
エ 正しい。
 リスクアセスメントは、問題発生の可能性とその影響の大きなシステムを対象とする。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問57 目次 問59
ファーストマクロ TOPページ