平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問47
表は、現行プロジェクトのソフトウェアの誤りの発生、
除去の実績及び次期プロジェクトにおける誤り除去
の目標を記述したものである。 誤りは、設計と
コーディングの作業で埋め込まれ、デザインレビュー、
コードレビュー及びテストですべて除去されるものとする。
次期プロジェクトにおいても、ソフトウェアの規模と
誤りの発生状況は変わらないと仮定したときに、
テストで除去すべきソフトウェア誤りの比率は全体の
何%となるか。

 ・ソフトウェアの誤りが埋め込まれる工程別の割合
        ┌────────────┬────────────┐
        │ 現行プロジェクトの実績 │次期プロジェクトでの予測│
┌───────┼────────────┼────────────┤
│   設計  │誤り件数全体の50%  │誤り件数全体の50%  │
├───────┼────────────┼────────────┤
│ コーディング │誤り件数全体の50%  │誤り件数全体の50%  │
└───────┴────────────┴────────────┘

 ・ソフトウェアの誤りがレビューで除去される割合
        ┌────────────┬────────────┐
        │ 現行プロジェクトの実績 │次期プロジェクトでの目標│
┌───────┼────────────┼────────────┤
│ デザインレビュー │設計時に埋め込まれた誤り│現行プロジェクトのデザイ│
│       │全体の50%を除去   │ンレビューの実績の1.5倍 │
├───────┼────────────┼────────────┤
│コードレビュー│コーディング時に埋め込ま│現行プロジェクトのコード│
│       │れた誤り全体の40%を除去 │レビューの実績の1.5倍  │
└───────┴────────────┴────────────┘

ア 17.5  イ 25  ウ 30  エ 32.5



【正解】 エ

現行プロジェクトの実績では、設計時の誤り件数が全体の50%であり、
デザインレビューでその50%が除去されるので、除去できる割合は
50%×50%=
25%である。
次期プロジェクトで除去される割合は、実績の1.5倍を目標としているため
50%×50%×1.5=
37.5%

また、現行プロジェクトの実績では、コーディング時の誤り件数が全体の50%であり、
コードレビューでその40%が除去されるので、除去できる割合は
50%×40%=
20%である。
次期プロジェクトで除去される割合は、実績の1.5倍を目標としているため
50%×40%×1.5=
30.0%

従って、テストで除去すべきソフトウェア誤りの比率は
1− (37.5%−30%) =
32.5%となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問46 目次 問48
ファーストマクロ TOPページ