平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問48
あるプログラムについて、流れ図で示される部分に関するテストを、命令網羅で
実施する場合、最小のテストケース数は幾つか。ここで、各判定条件は流れ図に
示された部分の先行する命令の結果から影響を受けないものとする。



 ア 3  イ 6 ウ 8  エ 18



【正解】 ア

命令網羅は、すべての命令を少なくとも1回は実行するテスト手法である。

最小のテストケースは以下のとおり

@
最初の条件で左の命令を実行
真ん中の条件で左の命令を実行
最後の条件で左の命令を実行
A
最初の条件で真ん中の命令を実行
真ん中の条件ではどちらの命令でも可
最後の条件で真ん中の命令を実行
B
最初の条件で右の命令を実行
真ん中の条件で右の命令を実行
最後の条件で右の命令を実行

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問47 目次 問49
ファーストマクロ TOPページ