平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問31
データの正規化に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 正規化は、データベースへのアクセス効率を向上させるために行う。
 イ 正規化を行うと、複数の項目で構成される属性は、単一の項目を
   もつ属性に分解される。
 ウ 正規化を完全に行うと、同一の属性を複数の表で重複してもつことはなくなる。
 エ 非正規形の表に対しては、選択、射影などの関係演算は実行不可能である。



【正解】 イ

ア 正規化はデータが重複したり、データ更新の際に矛盾が生じたりしないようにするために
 行う。正規化すると複数の表に分散するため、アクセス効率はむしろ低下する。
イ 正しい。第1正規化の特徴である。
ウ 正規化を行うほど同じ属性が重複してもつことになる。
エ 非正規形の表でも、選択、射影などの関係演算は実行できる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問30 目次 問32
ファーストマクロ TOPページ