平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問30
インデックス方式のうち、キー値を基に算出して格納位置を求めるとき、異なった
キー値でも同一の算出結果となる可能性があるものはどれか。

 ア B木インデックス
 イ 転置インデックス
 ウ ハッシュインデックス
 エ ビットマップインデックス



【正解】 ウ

ア 
木インデックスは、木構造で格納位置を求めるため、異なったキー値で同一の
 算出結果となることはない。
イ 
転置インデックスは、全文検索を行う対象となる文書に対して、単語の位置情報を
 格納する。従って、異なったキー値 (単語) では格納位置が異なる。
ウ 正しい。
ハッシュインデックスは、ハッシュ関数用いて格納位置を求める。
 なお、
ハッシュ関数は、ある入力値から唯一に決まる固定値を生成する関数のことである。
エ 
ビットマップインデックスは、キーが取り得る値に対してそれぞれにビット列 (ビットマップ) を
 用意し、ビットがオンの位置から格納位置を求める。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問29 目次 問31
ファーストマクロ TOPページ