平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問19
プログラムの局所参照性に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 繰り返し呼ばれる手続をサブルーチン化すると、サブルーチンの呼出しと
   復帰のために分岐命令が増えるので、必ず局所参照性は低下する。
 イ 同様の処理を反復する場合、ループやサブルーチンを用いずにプログラムに
   コードを繰り返して記述する方が、局所参照性は高くなる。
 ウ 分岐命令などによって、メモリを短い時間に広範囲に参照するほど、局所
   参照性は高くなる。
 エ ループによる反復実行のように、短い時間にメモリの近接した場所を参照
   するプログラムの局所参照性は高くなる。



【正解】 エ

局所参照性は、一つのリソースに対して複数回アクセスする際に、効率よくアクセスするための
考え方のことである。
時間的局所性空間的局所性逐次的局所性の3種類が存在する。

ア 繰り返し呼ばれる手続をサブルーチン化すると、局所参照性は向上する。
イ ループやサブルーチンを用いずにプログラムにコードを繰り返して記述すると
 局所参照性は低下する。
ウ メモリを短い時間に広範囲に参照すると、局所参照性のうち、空間的局所性
 が低下する。
エ 正しい。局所参照性のうち、時間的局所性が高くなる。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問18 目次 問20
ファーストマクロ TOPページ