平成22年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問5
あるシステムでは、平均すると100時間に2回の故障が発生し、その都度復旧に
2時間を要していた。機器を交換することによって、故障の発生が100時間で1回に
なり、復旧に要する時間も1時間に短縮した。機器を交換することによって、この
システムの稼働率は幾ら向上したか。

 ア 0.01  イ 0.02  ウ 0.03  エ 0.04



【正解】 ウ

稼働率は
MTBF÷ (MTBF+MTTR) で求めることができる。

なお、MTBF (Mean Time Between Failure = 平均故障間隔) は、稼働してから
故障までの平均稼働時間のことであり、システムの稼働時間 ÷ 故障回数 で求める。
MTTR (Mean Time To Repair = 平均修理時間) は、故障から次の稼働まで (復旧
まで) の時間、つまり、修理時間である。

機器の交換前の稼働率は
MTBF = 100÷2 = 50時間
MTTF = 2時間 だから、
稼働率 = 50 ÷ (50+2) ≒
0.962

機器の交換後の稼働率は
MTBF = 100÷1 = 100時間
MTTF = 1時間 だから、
稼働率 = 100 ÷ (100+1) ≒
0.99

従って、システムの稼働率は
0.990.962 0.03 向上した。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問4 目次 問6
ファーストマクロ TOPページ