平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問40
公開鍵暗号方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア AESは、NISTが公募した公開鍵暗号方式である。
 イ RSAは、素因数分解の計算の困難さを利用した公開
   鍵暗号方式である。
 ウ 公開鍵暗号方式では、利用者の数が増えると秘密鍵の
   配送先が増加する。
 エ 通信の秘匿に公開鍵暗号方式を使用する場合は、
   受信者の復号鍵を公開する。



【正解】 イ

ア 
AES (Advanced Encryption Standard) は、DES (Data
 Encryption Algorithm) の後継としてアメリカ合衆国で制定された
 次世代標準暗号化方式であり、共通鍵暗号方式である。
イ 正しい。RSAは、桁数が大きい数の素因数分解の困難性を利用した
 公開鍵暗号方式の一つ。考案したRivest氏、Shamir氏、Adleman氏の
 頭文字をとって名付けられた。
ウ 共通鍵暗号方式に関する記述である。
エ 通信の秘匿に公開鍵暗号方式を使用する場合は、受信者の暗号鍵
 を公開する。
【通信の秘匿に公開鍵暗号方式を使用する場合】
 送信者:受信者の公開鍵で暗号化
 受信者:受信者の秘密鍵で復号化
【ディジタル署名の場合】
 送信者:送信者の秘密鍵で暗号化
 受信者:送信者の公開鍵で復号化 

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問39 目次 問41
ファーストマクロ TOPページ