平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問39
ソーシャルエンジニアリングに分類される手口はどれか。

 ア ウイルス感染で自動作成されたバックドアからシステムに
   侵入する。
 イ システム管理者などを装い、利用者に問い合わせて
   パスワードを取得する。
 ウ 総当たり攻撃ツールを用いてパスワードを解析する。
 エ バッファオーバフローなどのソフトウェアの脆弱性を利用
   してシステムに侵入する。



【正解】 イ

ア 不正アクセスに分類される手口である。
イ 正しい。
ソーシャルエンジニアリングは、盗み見や、盗み聞き、話術などでパスワードなどの
 重要情報をに取得することである。
ウ 不正アクセスに分類される手口であり、ブルートフォース攻撃説明である。
エ 不正アクセスに分類される手口である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問38 目次 問40
ファーストマクロ TOPページ