平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問18
五つのタスクA〜Eの優先度と、各タスクを単独で実行した場合の
CPUと入出力装置 (I/O) の動作順序と処理時間は、表のとおりで
ある。優先度“高”のタスクAと、B〜Eのどのタスクを組み合わせれば、
組み合わせたタスクが同時に実行を開始してから、両方のタスクの実行が
終了するまでの間のCPUの遊休時間をゼロにできるか。ここで、I/Oは
競合せず、OSのオーバヘッドは無視できるものとする。また、表の ( )
内の数字は処理時間を表すものとする。

  ┌───┬───┬───────────────────┐
  │タスク│優先度│単独実行時の動作順序と処理時間(ミリ秒)│
  ├───┼───┼───────────────────┤
  │ A │ 高 │CPU(3)→I/O(3)→CPU(3)→I/O(3)→CPU(2)│
┌─┼───┼───┼───────────────────┤
│ア│ B │ 低 │CPU(2)→I/O(5)→CPU(2)→I/O(2)→CPU(3)│
├─┼───┼───┼───────────────────┤
│イ│ C │ 低 │CPU(3)→I/O(2)→CPU(2)→I/O(3)→CPU(2)│
├─┼───┼───┼───────────────────┤
│ウ│ D │ 低 │CPU(3)→I/O(2)→CPU(3)→I/O(1)→CPU(4)│
├─┼───┼───┼───────────────────┤
│エ│ E │ 低 │CPU(3)→I/O(4)→CPU(2)→I/O(5)→CPU(2)│
└─┴───┴───┴───────────────────┘



【正解】 ウ

■:CPU  ◆:I/O  として、選択肢それぞれで、処理状況を調べる。


  時間 :12345
78910111213141516171819
タスクA:■■■◆◆
■■■◆◆■■
タスクB:   ■■◆◆◆■■◆◆■■■
 有休時間は2ミリ秒


  時間 :1234567891011
1213141516171819
タスクA:■■■◆◆◆■■■◆◆■■
タスクC:   ■■■◆◆ ■■◆◆■■
 有休時間は1ミリ秒


  時間 :12345678910111213141516171819
タスクA:■■■◆◆◆■■■◆◆◆■■
タスクD:   ■■◆◆◆ ■■■◆ ■■■■
 有休時間はなし


  時間 :123456789
10111213141516171819
タスクA:■■■◆◆◆■■■◆◆■■
タスクE:   ■■■◆◆◆■■◆◆◆◆◆■■
 有休時間は4ミリ秒

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ