平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問19
ほとんどのプログラムの大きさがページサイズの半分以下の
システムにおいて、ページサイズを半分にしたときに予想される
ものはどれか。ここで、このシステムは主記憶が不足しがちで、
多重度やスループットなどはシステム性能の限界で運用して
いるものとする。

 ア ページサイズが小さくなるので、領域管理などのオーバ
   ヘッドが減少する。
 イ ページ内に余裕がなくなるので、ページ置換えによって
   システム性能が低下する。
 ウ ページ内の無駄な空き領域が減少するので、主記憶
   不足が緩和される。
 エ ページフォールトの回数が増加するので、システム性能が
   低下する。



【正解】 ウ

ア ページ数が多くなるので、領域管理などのオーバヘッドが多くなる。
イ ほどんどのプログラムが1ページ内に適度に収まるので、ページ置換え
 などの影響は少ないと考えられる。
ウ 正しい。
エ ほどんどのプログラムが1ページ内に適度に収まるので、ページフォールトの
 回数への影響は少ないと考えられる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問18 目次 問20
ファーストマクロ TOPページ