平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問13
マイクロホンから入力された音声信号をメモリに記録する機能と、
メモリに記録された音声データをスピーカから出力する機能とを
もつディジタル録音・再生システムに関する記述のうち、適切な
ものはどれか。

 ア A/D変換器の出力及びD/A変換器の入力を、
   メモリのデータ線に接続する。
 イ 音質はサンプリング周波数で決まり、量子化ビット数は
   関係しない。
 ウ 録音時にはD/A変換、再生時にはA/D変換を行う。
 エ 録音と再生とを同時に行わないならば、1個のA/D変換器
   だけで録音も再生もできる。



【正解】 ア

ア 正しい。
A/D変換器は、アナログ電気信号を、コンピュータが処理可能な
 ディジタル信号に変える機器である。
イ 量子化ビット数は大きいほど、音質が良くなる。
ウ メモリに記録するので、録音時には
A/D変換、再生時にはD/A変換を行う。
エ 録音と再生とを別々に行うにしても、A/D変換器とD/A変換器が必要である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問12 目次 問14
ファーストマクロ TOPページ