平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問7
正の整数Mに対して、次の二つの流れ図に示すアルゴリズムを
実行したとき、結果 x の値が等しくなるようにしたい。a に入れる
条件として、適切なものはどれか。



 ア n < M
 イ n > M−1
 ウ n > M
 エ n > M+1



【正解】 ウ

問題の左の流れ図のループの部分は
n の値をMから初めて一つずつ減らし、1になるまで繰り返す」という意味である。

変数xは1で初期化されているため、
ループ内で x の値は、以下のように変わっていく。
1回目 1×M = M 
2回目 M×(M−1) 
3回目 M×(M−1)×(M−2)
・・・
M回目 
M×(M−1)×(M−2)×・・・×1 = M!

 1からMまでの

問題の右の流れ図のループの部分は
ループ内で x の値は、以下のように変わっていく。

1回目 1×1=1
2回目 1×(1+1)
3回目 1×(1+1)×(1+2)
・・・
M−1回目 1×(1+1)×(1+2)×・・・×(1+M−1) = M!
M回目 1×(1+1)×(1+2)×・・・×(1+M) = (M+1)!

従って、M−1回ループするように a で制御するため
n > M が条件となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問6 目次 問8
ファーストマクロ TOPページ