平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問8
再入可能 (リエントラント) プログラムに関する記述のうち、
適切なものはどれか。

 ア 再入可能プログラムは、逐次再使用可能プログラムから
   呼び出すことはできない。
 イ 再入可能プログラムは、呼び出し元ごとに確保された
   記憶領域に局所変数が割り当てられる。
 ウ 実行途中で待ち状態が発生するプログラムは、再入
   可能プログラムではない。
 エ 逐次再使用可能なプログラムは、再入可能プログラム
   である。



【正解】 イ

ア 再入可能プログラムを呼び出す条件は特になく、逐次再使用可能プログラムから
 呼び出すことができる。
イ 正しい。
再入可能プログラムは、リアルタイムシステムにおいて、複数のタスクから
 同時に呼び出された場合に、平行して実行する必要がある共用ライブラリの
 プログラムに要求される。
ウ 再入可能プログラムでも、実行途中で待ち状態が発生する場合がある。
エ 逐次再使用可能なプログラムは、プログラム終了後に、再使用できる。
 従って、再入可能プログラムではない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ