本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 技術士第二次試験問題【必須科目】

T−13

図書購入担当者は1冊ごとに購入記録を残すこととし、下のクラス図を作成したが、多重度の指定を間違えた。次のうち、このクラス図の理解として最も適切なものはどれか。

 ┌───┐      ┌────┐      ┌───┐
 │取引先│      │購入記録│      │ 図書 │
 ├───┤1 0..*├────┤1 0..*├───┤
 │社名 ├──────┤整理番号├──────┤ISBN │
 │住所 │購入先   │購入日時│      │書名 │
 │   │      │    │      │著者 │
 │   │      │    │      │価格 │
 └───┘      └────┘      └───┘

@ 同じ図書を複数冊購入できない。

A 購入記録のない図書が存在しうる。

B 購入先がわからない購入記録が存在しうる。

C 図書がわからない購入記録は存在しない。

D 1つの購入記録には1冊の図書しか対応づかない。


正解

@


解説

@ 正しい。属性にISBNが入っており、冊数がないので、同じ図書を複数冊購入できない。
A 図書から見ると、購入記録が必ず1つ存在する。
B 図書から見ると、購入記録が必ず1つ存在し、購入記録からみると取引先が必ず1つ存在する。
 従って、図書から見ると購入先は必ず1つ存在する。
C 購入記録から見ると、図書は0以上ある。つまり購入記録があるのに、図書がない記録がある。従って、図書がわからない購入記録が存在する。
D 購入記録から見ると、図書は0以上あり、複数の図書が対応する。

T−12 目次 T−14