本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成30年度 技術士第一次試験問題【専門科目】

V−2

次のJavaプログラムに用いられている、オブジェクト指向技術の組合せとして、最も適切なものはどれか。

 public class Goods {
  int price;
  string name;

  public int getPrice() {
   return price;
  }
 }

 public class SaleGoods extends Goods {
  public int getPrice() {
  return (int) (price * 0.5);
  }
 }

 public class Shop {
  public int calculateAmount(Goods[] goods) {
  int amount = 0;
  for (int i = 0; i < goods.length; i++) {
   amount = amount + goods[i].getPrice();
  }
  return amount;
  }
 }

@ オーバーライド、オーバーロード、ポリモーフィズム

A オーバーライド、オーバーロード、多重継承

B オーバーライド、ポリモーフィズム、多重継承

C オーバーライド、ポリモーフィズム

D オーバーロード、多重継承


正解

C


解説

オーバーライドは、親クラスで定義されたメソッドなどを、子クラスで再定義して上書きすること。
オーバーロードは、同じメソッド名で引数の型や数が違うものを定義すること。
ポリモーフィズムは、異なるクラスのメソッドの呼び出し方を共通にする概念。
 犬のクラスに「鳴け」命令すると「ワン」と鳴き、
 猫のクラスに「鳴け」命令すると「ニャン」と鳴くようなイメージ。
多重継承は、1つのクラスを複数の親クラスから継承して定義すること。

ポリモーフィズム
goods[i].getPrice() で通常商品(Goods)とセール商品 (SaleGoods)の価格を求めている。

オーバーライド
SaleGoods クラスの getPriceが再定義されている。

V−1 目次 V−3