平成29年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−11
キャッシュメモリの書き込み方式にはライトスルーと
ライトバックがあるが、ライトバックと比較したときの
ライトスルーの特徴として、最も適切なものはどれか。

 @ キャッシュメモリにだけ書き込みが行われたデータは
   主記憶に書き戻す処理が必要となる。
 A 主記憶とキャッシュメモリの内容の一貫性が保たれる。
 B 主記憶とキャッシュメモリの内容を一致させるため、
   ダーティビットにより制御する。
 C 主記憶への書き込みを減らすことができるため、書き
   込み待ちを少なくできる。
 D 主記憶よりもキャッシュメモリの書き込みが高速で
   ある特性を活かすことができる。



【正解】 A

ライトスルー方式は、キャッシュと主記憶の一貫性 (コヒーレンシ) を保ちながら、
書込みを行う方式のことである。
ライトバック方式は、CPUが書込み動作をするとき、キャッシュメモリだけに
データを書き込む方式のことである。

@ライトバックの特徴である。
A正しい。
Bライトバックの特徴である。
Cライトバックの特徴である。
Dライトバックの特徴である。

EXCELのマクロのご相談なら  ファーストマクロ  



V−10 目次 V−12
ファーストマクロ TOPページ