平成28年度 技術士第二次試験問題【必須科目】
【16】情報工学部門
T−18
IP (Internet Protocol) v6に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ IPv6のIPアドレスは256ビットである。
 A IPv6とIPv4の共存方法には、トンネリングやデュアルスタックがある。
 B IPv6はSSL (Secure Socket Layer) によるセキュリティ機能を標準で
   装備している。
 C IPv6のエニーキャストアドレスはIPv4のブロードキャストアドレスと同じである。
 D IPv6のマルチキャストアドレスはIPv4のブロードキャストアドレスと同じである。


【正解】 A
@IPv6は128ビットであり、IPv4は32ビットである。
A
トンネリングは、IPv4ネットワーク上でIPv6パケットをルーティングするための
 技術であり、IPv4ネットワーク上でIPv6ノード間での通信が可能となる。
 
デュアルスタックは、一つの機器においてIPv4とIPv6を同時に動作させる
 技術である。
BSSLではなく、IPsecが標準的に用意されている。
 
IPSecはTCP/IP環境において、IPパケットの暗号化や認証などを行う
 プロトコルである。
 
SSLはTCP/IP環境において、データの暗号化を行うプロトコルである。
C
エニーキャストアドレスはIPv6で導入されたアドレスである。
 複数のノードを同時に表しているが、送信者から経路として最も近い
 ノードにデータを送信する。
 
ブロードキャストアドレスは、ネットワーク内のすべてのノードにデータを
 送信するためのアドレスである。
D
マルチキャストアドレスは複数のノードをグループ化したアドレスである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



T−17 目次 T−19
ファーストマクロ TOPページ