平成27年度 技術士第二次試験問題【必須科目】
【16】情報工学部門
T−3
顔認識技術に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 @ デジタルカメラのシャッター機能として、「笑顔」を認識する技術が
   用いられているものがある。
 A インターネット経由の画像検索方式として、顔画像が利用できる。
 B ViolaとJonesによる高速処理可能な顔検出方式が開発され、
   顔認識機能がデジタルカメラに搭載されるようになった。
 C 美肌補正やストロボによる赤目補正の機能が実用化されている。
 D 顔認識による個人認証は、認識精度が十分でないため現在
   利用されていない。



【正解】 D
D顔認識による個人認証は、認識精度が十分なレベルになってきており、
 実用化されている。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



T−2 目次 T−4
ファーストマクロ TOPページ