平成26年度 技術士第二次試験問題【必須科目】
【16】情報工学部門
T−14
ファンクションポイントの計測法(ISO/IEC 20926)に関する次の
記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 非機能要求を7つのコスト要因で評定し、それぞれに定められた
   係数を乗じる。
 A 16種の機能原始要素を数え、定められた係数を乗じたものを
   合計する。
 B システムの状態数とアサーショ ン (制約の宣言) の件数を数える。
 C 過去の類似プロジェクトの実績コストに定められた係数を乗じる。
 D データグループと要素処理を数え、それぞれに定められた係数を
   乗じて合計する。



【正解】 D
ファンクションポイント法はソフトウェアの規模を測定する手法の一つ。
入出力、インターフェースなどの個々の機能を難易度でポイント化して
合計し、概算工数などを導き出す。
@ 非機能要求は評定しない。
A 16種の機能原子要素は定められていない。
 また、係数についても特に定められているわけではない。
B 入出力、インターフェースなどの機能数を数える。
C 
類推法の説明である。
D 正しい。

EXCELのVBAのご相談なら ファーストマクロ 



T−13 目次 T−15
ファーストマクロ TOPページ