平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−25
プログラムのリファクタリングに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 大きなリファクタリングでは、あらかじめ決まった手順に沿って実施し、後戻り可能な点を
   確保しながら安全に進める。
 A 既存のプログラムの設計を改善することと、新しい機能を追加することを、
   同時に効率よく行う。
 B コメントを丁寧に書くことで、コードの安易な変更が積み重なって劣化した
   構造を隠蔽する。
 C リファクタリング中に、“不吉な臭い”と称されるコードの悪い兆候を感じたときに
   作業を終了する。
 D リファクタリングは、プログラムの構造を変更せずに、最小の変更で新しい機能を
   作り込むための手順である。




【正解】 @
リファクタリングはプログラムの入出力は変えずに、ソースコードの構造を変更し、後々の
改修などを、容易にすることである。

@正しい。
Aリファクタリングでは、新しい機能を追加しない。
Bリファクタリングはコメントの充実よりもソースコードを整理することが目的。
C
不吉な臭いはリファクタリングをするタイミングを経験則でなんとなく感じること。
D新しい機能を作り込まない。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−24 目次 V−26
ファーストマクロ TOPページ